【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

東京で新型出生前診断を受ける!結果が出るまでの期間はどのくらい?

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/04/04

新型出生前診断は妊娠中に胎児の病気が分かる検査で、一部の病気を把握することができます。

検査にはいろいろな種類があり東京にはさまざまなクリニックがあるので、1回の検査で短期間において結果を入手することが可能です。

 

診断を受けるにはタイミングがある

新型出生前診断は妊娠の早い時期において血液を取ることで検査することができ、母体血清マーカーテストより高い精度で胎児の病気について調べることが可能です。

もし陽性の場合は確定するため、羊水検査を受けることになるでしょう。

新型出生前診断は海外では2012年から始まり、比較的新しい方法です。

日本では東京などを中心に専門医が在籍しているクリニックにおいて検査が実行されています。

将来的には一般的な検査となる可能性がありますが、基本的に現在は年齢制限などが設定されているところもあります。

新型出生前診断を利用する場合、妊娠10週~15週期間までにパートナーと相談し出生前診断を受ける週数になる前には専門医からの遺伝カウンセリングを受けておくと安心して利用することが可能です。

人工妊娠中絶が法律上許されているのは妊娠21週以内で、妊娠17週以上になると検査を受けられないかもしれません。

東京には信頼できるクリニックが多くあり、事前にカウンセリングを利用することができるので不安点などに関して相談することができます。

 

結果がわかるのは2~3週間後

羊水検査の場合、妊娠中のお腹に針をさし、羊水の中で浮かんでいる胎児の垢(細胞)をとり染色体を調べることが可能です。

ダウン症といった染色体異常を把握することができ、妊娠15週から受けることができます。

保険が適用されないので自己負担として10万~15万円ぐらいが相場で、日帰りで検査することが可能です。

東京には妊娠中の人の負担を把握している専門家がいるので、基本的に採血するのとあまり変わりません。

結果は2~3週間後に分かり、胎児がダウン症などかどうか確認することができるでしょう。

近年高齢出産が増えている傾向があり、新型出生前診断を受ける人が増えています。

東京などを中心にいろいろなクリニックが増えていて、羊水検査に関しては費用を負担してくれるところもあるので調べてみましょう。

超音波エコーなどを利用して胎児を確認することができ、首の厚みや鼻の骨の様子・心臓の動きなどをチェックすることができます。

ダウン症において見つかるマーカーと呼ばれているサインを調べることが可能です。

 

信頼できるクリニックを選択する

羊水検査より安全な検査と言われているのが母体血清マーカーテストです。

1回採血するだけで受けることができ、妊娠15週から利用することができ費用は2~3万円ぐらいになります。

10日間で結果を把握することができ「クアトロマーカー」とも呼ばれていて、血液において妊娠中だけ分泌される4種類のホルモンを調べることで、ダウン症の確率を確認することが可能です。

あくまで分かるのは確率になるので、結果次第ではさらに羊水検査を受ける場合もあるでしょう。

できれば専門家のいるようなクリニックにおいて検査することがよく、羊水検査や母体血清マーカーテストなどは多くの産婦人科で行われています。

しかしできれば検査内容や結果などに関して説明を聞くことができる、臨床遺伝学専門医臨床遺伝カウンセラーなどがいるクリニックで利用すると安心です。

東京には信頼できるクリニックがいくつかあるので、事前にインターネットなどを使って公式サイトを調べておくと便利です。

 

新型出生前診断はいろいろな種類があり、1回検査するだけで短期間で結果を入手することが可能です。

診断を受けるにはタイミングがあり、検査結果は2~3週間ぐらいで把握できます。

信頼できるクリニックを利用することをおすすめします。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索