【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

新型出生前診断を受ける必要性は?リスクはないの?

公開日:2019/11/01  最終更新日:2019/10/15


東京で新型出生前診断を受けることができるところも増えてきました。これは、まだ胎児の段階で病気を持っているかどうかなどを調べることができることがポイントになります。ただ、いざ調べようと考えてもなかなか勇気がいることかもしれません。

そこで、新型出生前診断の必要性、そしてリスクはあるのかを事前に確認しておきましょう。

必要性について事前に理解しておこう

まず、必要性に関してですが、これは新型出生前診断の目的をよく理解することでわかってくるでしょう。かつては、胎児が生まれてくるまで、病気を持っているかどうかは判断することが難しかった時代がありました。ですが、医学の発達にともない、少しずつ胎児に異常がある場合は胎児の段階でわかるようになってきたわけです。

さらにそれが進化して、最近は新型出生前診断という形で初期のころから胎児の病気などを見つけることができるようになっています。もし、これを利用することの必要性があるとすれば、心にゆとりができることでしょう。

特に、高齢出産の人が増えていますが、35歳を超えた高齢出産の場合には病気にかかっている可能性やダウン症になっている可能性が若干高くなる傾向があります。そうすると、生まれてくるまで不安で仕方がありません。

ですが、新型の出生前診断を受けることにより、ほぼ100パーセント結果を出すことができるようになっています。そうすると、安心して過ごすことができるでしょう。仮に病気だった場合も、事前の準備など、今後の計画も立てやすくなるに違いありません。

問題点にはどのようなものがあるのか

新型出生前診断の問題点について見ていくと、まず母体や胎児に若干負担がかかることがあります。ただ、副作用が出やすいかといえばかなり副作用は出にくい傾向があるでしょう。

かつての出生前診断は母体や胎児に対して負担がかかりましたが、最近はそこまで大きな負担がかからないとされています。ただそうであっても、わずかなトラブルなどが発生する可能性があるかもしれません。その点をよく理解した上で利用してみるのがよいでしょう。

精神的な負担が増える可能性がある

新型出生前診断を利用することで、精神的な負担が増える可能性が高くなります。もし問題がなければよいですが、染色体異常などが発見された場合には、両親が不安に感じ精神的につらい思いをする可能性があります。

ストレスは目に見えませんが、このストレスが胎児に悪影響を与える可能性も否定できません。もし、堕胎せずに産むと判断した場合でも、そのストレスにより切迫流産だけでなく切迫早産をすることが考えられるものです。このように精神的な負担が大きくなる可能性がありますが、いずれにしても両親がしっかりとした気持ちで過ごすように心がければ、そこまで不安を感じる必要もありません。

それ以外では、中絶を助長してしまうといった問題点も考えられます。当然中絶をすることによって母体にも負担がかかることを頭に入れておきましょう。もちろん、どちらを選択するかは夫婦の自由になります。

 

新型出生前診断を利用する場合には、その必要性と問題点を理解しておくべきです。必要性としては、早い段階で染色体異常などの問題点を判断することができるため素早く行動することができるでしょう。特に、中絶をする場合には5カ月目ぐらいまでにしなければならないため、早い段階での判断は非常に重要になるでしょう。

一方で、問題点があるとすれば精神的なストレスが増えてしまうことです。特に異常が見受けられる場合には母親の方にストレスがたまってしまい切迫早産などが起こる可能性も否定できません。このような場合でも、夫婦が冷静に判断をすれば問題点を避けることが可能になります。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理人の髪型シルエット

都内在住、新婚の20代主婦です。会社の先輩の妊娠をきっかけに、NIPTについて深く調べてみました。私を含め将来子どもを産みたいとお考えの方のために、出生前診断に関する情報を発信できればと思いこのサイトを立ち上げました。

サイト内検索
記事一覧