【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

東京で受けたい検査|話題の新型出生前診断とは?

公開日:2019/02/01  最終更新日:2019/04/04

新型出生前診断は妊娠中において胎児の染色体などに異常がないか検査する方法です。

血液や羊水穿刺・超音波などで胎児の病気や奇形などを診断することができます。

短期間で調べることができるので話題になっており、東京にはいろいろなクリニックが存在しています。

 

短期間でできると話題になっています

新型出生前診断は血液検査で行うことができ、妊婦の血液中にある遺伝子情報を分析することによって、染色体異常や遺伝性などの疾患を調べることが可能です。

妊娠すると血液において母体はもちろん胎児由来のDNAが混ざるので、このDNAの割合を調査することになります。

羊水検査や母体血清マーカーテストなどの方法もありますが、血液の場合はリスクが低く、精度が高いと言われています。

日本で受けられる病院はいくつかあり、東京にも利用することができるクリニックがあるので便利です。

13番や18番・21番染色体などの濃度を調べることで、パトー症候群やエドワーズ症候群・ダウン症といった染色体異常に関して高い確率で把握することができます。

対象は35歳以上で妊娠10週以上から利用することが可能です。

結果は約2週間で、もし陽性になった場合羊水で染色体異常があるか確認する仕組みになっています。

羊水は妊婦のお腹に小さな針を刺し、羊水を調査する方法です。

染色体異常や遺伝子などの病気があるか診断し、精度が高いので主に確定診断として使用されます。

羊水検査を受ける時期は妊娠15週からになります。

 

高齢出産の増加に伴って利用者が増えています

超音波検査は胎児の体において異常がないか調べることが可能です。

新型出生前診断を利用するにはいくつか条件がありますが、この超音波検査は誰でも利用することができます。

首の後ろにNTと呼ばれているむくみを確認することができ、この部位の厚みが多いと病気の疑いが高まるとされています。

但し、超音波を使って異常を確認する技術は個人差があるので信頼できる医師がおすすめで、東京には信用できるクリニックがいくつかあるので便利です。

母体血清マーカーは妊婦の血液中から胎児のホルモン濃度を調査することから、染色体に異常がないか調べることができます。

やや精度が低いので、陽性になった場合羊水チェックを行うケースが多いでしょう。

近年高齢出産になるので事前に調べておきたいという人が多く利用していて、高齢出産の増加に応じて出生前診断も増加している傾向があります。

東京にはいろいろなクリニックがあり自分に適した調べ方をすすめてくれるところがあるので、事前に行われるカウンセリングにおいて相談すると良いでしょう。

 

カウンセリングで不安やお悩みを相談することができます

東京にはいろいろなクリニックがあり、中には35歳未満でも受診することができたり、夫婦同伴や子供連れでの受診も可能というように敷居が低いところもあるので便利です。

受診する際丁寧な対応をしてもらえたり、施術方法やスケジュール・予算に関して分かりやすく説明してくれるでしょう。

結果が陽性の場合どのクリニックでも羊水検査などの費用を負担してくれるところもあり、全国展開しているクリニックもあるので好きな場所で利用することが可能です。

基本的な新型出生前診断にプラスして、全染色体などを対象にした診断や微小欠失症候群などに関する確認をオプションで利用することができます。

中には互助会費制度なども準備されていて、紹介状が不要なところが多く申し込みやすいでしょう。

希望すれば事前にカウンセリングだけ受けることができ、安心感を持って利用することが可能です。

比較的リーズナブルな価格設定のクリニックもあるので、検査を受けやすい体制になっています。

 

新型出生前診断は胎児の染色体に異常がないか妊娠中に検査する方法で、血液や羊水穿刺・超音波といった種類があります。

短期間で調べることができ東京にはさまざまなクリニックを利用することが可能です。

事前にカウンセリングを受けることができ相談することができます。

 

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理人の髪型シルエット

都内在住、新婚の20代主婦です。会社の先輩の妊娠をきっかけに、NIPTについて深く調べてみました。私を含め将来子どもを産みたいとお考えの方のために、出生前診断に関する情報を発信できればと思いこのサイトを立ち上げました。

サイト内検索
記事一覧