【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

東京の遺伝子検査で失敗しない!新型出生前診断クリニックの選び方

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/04/10

新型出生前診断を行えるクリニックが増えてきて、東京でもかなりの数の施設で実施されています。

受けると99%という感度で染色体異常が判明しますが、費用も高額ですしクリニック選びも重要ですので、よく考えて受けることをおすすめします。

 

料金を比較してなるべく安いところを探す

同じような検査を行っているのに、検査費用はどこで受けるかによってずい分差が出ますので、できるだけ金銭的な負担を減らすために安い費用で行ってくれる医療機関を探すのがお勧めです。

同じ東京にあるのに料金に差が出るのは不思議に感じるかもしれませんが、実際に数万もの差が出るケースがありますので、きちんと調べて選びましょう。

具体的な費用ですが、15万~20万円以上となっています。安いからといって精度に問題が出ることはなく、同じようにきちんとしたデータが得られますので、安いところは不安だということはありません。

比較をするにはある程度の数が必要ですが、東京には認定を受けた医療機関だけでもかなりの数がありますので、比較しやすい地域だといえます。簡単にホームページを見るだけでも確認することができます。

料金を比較するのを怠って選んでしまうと、保険適用外であるため非常に大きな負担を感じるかもしれません。ですから、選び方の一つとして費用面をチェックするのは必須です。

 

検査内容を調べてオプションの有無をチェック

検査で主に調べられるのは、21トリソミー・18トリソミー・13トリソミーです。この3つが染色体疾患の約7割を占めるからです。

これが基本であることはどこのクリニックでもあまり変わりませんが、その他にオプションとして他の染色体異常まで調べられる施設があり、その場合は幅広い内容を知ることができます。

オプションの有無で判断するという選び方も失敗しないためのポイントになっていて、探してみると全ての染色体異常の診断を受けることも可能です。せっかく診断を受けるのならできるだけ多くの内容を網羅して心配事を減らしたいと思うのは当然のことなのですが、検査内容に差があることを知らなければどこで受けても同じだと考えてしまいます。

東京には新型出生前診断を行っているクリニックがたくさんありますので、オプション内容が充実しているところも少なくありません。リスクが高い3種類だけ分かれば良いという人には不要かもしれませんが、できるだけ多くのことを知りたいという人には必要です。

 

検査を受けた後の受け取りやフォローは万全?

ただ単に新型出生前診断を受ければ良いというわけではありません。受けたら結果を知らなければなりませんので、スムーズに受け取れる機関を選ぶことも重要です。

すぐにでも知りたい人はインターネット上で結果を見られるものがお勧めであり、郵送でもスピーディーに対応してくれることがあります。病院での受け取りしかできないと忙しい人はスケジュールを調整して受け取らなければなりませんので、なかなか行くことができずに失敗したと感じる可能性があります。

万が一結果が陽性で出てしまった場合には、専門的なアドバイスをもらいたいので、カウンセリングを実施しているかも見ておきたい部分です。カウンセリングを受けることで今後どのようにしていくのかを決めることができますし、疑問点などもクリアにできます。

問題が分かったら手厚いフォローを受けたいという人はとても多く、フォロー体制をもっとも重視する項目にあげる人も少なくありません。ですから、遺伝子カウンセラーと話ができることはとても大切です。

 

東京で新型出生前診断を受ける際には、クリニック選びで失敗しないために料金を比較することや検査内容・オプションを調べることが重要です。万が一陽性だった時のことを考えて、フォロー体制も万全になっていることが望ましいといえます。

おすすめ関連記事

サイト内検索