【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

東京で遺伝子検査を受けたい!新型出生前診断と母体血清マーカーテストの違いとは?

公開日:2019/02/15  最終更新日:2019/04/04

出生前診断は確定的検査や非確定的検査があり、非確定的検査には母体血清マーカーテストや新型出生前診断(NIPT)があります。

どちらの方法も妊婦の血液を利用して検査を行い、妊婦や胎児に対する負担が少ない検査でしょう。

 

検査にはいくつか方法があり違いがあります

それぞれの検査対象となる胎児の病気として「母体血清マーカーテスト」の場合はダウン症候群(21トリソミー)や18トリソミー・神経管閉鎖不全症などがあげられます。

妊婦の血液中に含まれている胎児や胎盤由来のたんぱく質やホルモンなどに関する4つの血清マーカー解析を行い、妊婦の年齢や母体年齢が持っている固有の確率において4つの血清マーカーでの血中濃度増減や妊娠週数、体重や家族歴、1型糖尿病の有無を組み合わせて対象疾患の確率を調査することが可能です。

「新型出生前診断」の場合、ダウン症候群(21トリソミー)や18トリソミー・13トリソミーなどです。

特に新型出生前診断は妊婦の年齢に伴って発生率が高くなるとされている3つのトリソミーが対象になります。

妊婦の血液中に含まれている胎児のDNA断片を分析し、胎児の染色体変化を確認することが可能です。

血液を利用する検査になりますが対象になる病気や検査方法は異なるので、出生前診断を検討する場合はそれぞれの特徴に関して理解することが大事です。

 

高い精度を誇る検査を利用できます

新型出生前診断(NIPT)は妊婦の血液中にある胎児のDNA断片を分析し、胎児の特定染色体疾患を調べる検査です。

正確な名称は無侵襲的出生前遺伝学的検査や母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査などと呼ばれていて、母体血清マーカーテストなどと比較すると最近開発され導入されたもので、国内では一般的に新型出生前診断と呼ばれています。

具体的にいくつかの疾患を調べることができ、ダウン症候群(21トリソミー)やエドワーズ症候群(18トリソミー)・パトー症候群(13トリソミー)を確認することが可能です。

これらを合計すると胎児の染色体疾患における約7割に相当することになります。

従来の非確定的検査と比較すると精度が高く、従来の非確定的検査である母体血清マーカーテストやコンバインド検査などは母体血清マーカーにおいて感度が80%で、コンバインド検査では感度が83%でした。

これに対し新型出生前診断は感度が99%と精度が高く、胎児における染色体疾患を正確に発見することができるでしょう。

いろいろなメリットがあり、採血するだけで検査することができ、リスクが少ないことがあげられます。

東京には検査を受けることができるクリニックがあり、気軽に相談することができます。

 

東京には信頼できるクリニックがあります

東京にはいろいろなクリニックがあり、クリニックによっていくつか違いがありますが事前にカウンセリングを受けることができ、個室で検査を受けることが可能です。

他の人と会わずに済むことができたり、10mlの採血だけで利用することができます。

本人確認のための書類が必要になりますが、それ以外は特に必要がありません。

オプション検査で腸内フローラ検査などを利用できるクリニックがあります。

検査した後にもカウンセリングを利用することができたり、もし陽性の場合は条件なしに羊水検査費用を補助してくれるクリニックが東京にはあります。

現金はもちろんクレジットカードを使って支払うことができ、比較的リーズナブルな価格で受診することができるでしょう。

全染色体や微小欠失検査などにも対応しているところが多く、幅広い項目に関して検査することができます。

海外検査機関への血液検体輸送について国際医療輸送における専門企業に依頼していたり、紛失するリスクを抑えるためにいろいろな取り組みを行っているクリニックも多いでしょう。

 

出生前診断において非確定的検査には「母体血清マーカーテスト」や「新型出生前診断(NIPT)」があり、妊婦の血液を利用し検査を行います。

対象疾患の確率を把握することができ、特に新型出生前診断は高い精度を誇っています。

おすすめ関連記事

管理人紹介

管理人の髪型シルエット

都内在住、新婚の20代主婦です。会社の先輩の妊娠をきっかけに、NIPTについて深く調べてみました。私を含め将来子どもを産みたいとお考えの方のために、出生前診断に関する情報を発信できればと思いこのサイトを立ち上げました。

サイト内検索
記事一覧