【東京】おすすめの新型出生前診断(NIPT)クリニックを口コミや評判も含め比較ランキング形式でご紹介します!

新型出生前診断についての相談はどこにすればいい?

公開日:2020/07/01  最終更新日:2020/07/13

出産を控えている妊婦さんの一番の心配事は丈夫で元気な赤ちゃんが生まれてくるかどうかということではないでしょうか。出生前診断では自分の赤ちゃんが障害を持たずに生まれてくるかどうかを調べることができます。ここでは新型出生前診断について解説していきます。

新型出生前診断について知っておこう

出生前診断とは、名称の通り妊娠中にお腹の中にいる赤ちゃんについて調べることができる検査で、主に胎児に先天的な異常がないかを調べることを目的に実施されます。

一般的な妊婦検診で実施している超音波検査も出生前検査の1つではありますが、出生前診断では主に染色体の異常の有無を検査することができ、より正確にお腹の中の赤ちゃんの状態を知ることができます。

新型出生前診断は通称NIPTと呼ばれているのですが、NIPTが従来の出生前監査と異なる点は、妊娠10週目から検査を受けることができるという部分です。したがってかなり早期の段階で自分のお腹の中にいる赤ちゃんの状態を把握することができます。

新型出生前診断の相談窓口について

とはいえ、NIPTはまだまだ一般的には広く認知されていない検査ということもあって、どういった検査なのだろうかと不安に感じる人もいるでしょう。妊婦さんにとって自分の子供が先天的に異常を持っているということを知ってしまうと多かれ少なかれショックを受けることになるでしょう。

ですからNIPTは軽い気持ちで受けるのではなく、しっかりと知識を持ったうえで受診するものだということを頭に入れておかなければいけません。NIPTに興味はあるが十分な知識を持っていないという人たちのための相談窓口はいくつかあります。

まず、出生前診断を実施している各医療機関には必ずといってよいほど相談窓口が設けられています。東京にももちろんNIPTを実施している産婦人科は複数あり、該当する病院に行けば医師から詳しい説明をしてもらったり、相談に乗ってもらうことができます。

NIPT診断はどこの産婦人科でも実施しているというわけではありませんが、各都道府県で実施している産婦人科はいくつかあるので、もし自分が住んでいるところの近くでNIPT診断を実施している病院があり、検査に興味があるならば一度相談してみると良いでしょう。

またNIPTについてはインターネットなどでも基礎的なことを調べることが可能です。実施している病院などもチェックできるのでインターネットを活用するのも良いでしょう。

更に千葉県のNPO法人はネットや電話で胎児についての相談を受け付けるホットラインを設置し、その中ではNIPTについての相談をすることも可能となっています。今後はほかの都道府県でも同じような団体が出てくるかもしれません。

新型出生前診断を受けることによるメリット

NIPTを受けることによってどのようなメリットは、やはり事前に赤ちゃんの状態を知ることができて安心できるということが挙げられます。元々ホルモンバランスが崩れることもありますし、特に妊娠初期は「つわり」で体調が優れない人もいることから、妊婦さんは精神的に不安定になりがちです。

そのうえやはり自分の赤ちゃんが元気に生まれてくるかどうかといった不安は実際に生まれてくるまでずっと消えないでしょう。しかしながらNIPTによって事前に自分の赤ちゃんに先天的な異常がないということがわかれば、妊婦さんたちにとってはとても大きな安心材料になるでしょう。

妊婦さんの精神状態が安定しているとお腹の中の赤ちゃんにとっても良い影響を与えてくれるでしょう。

 

新型出生前診断は、出産前の胎児に異常が内かを調べることができます。事前に自分の赤ちゃんの状態を知ることによって妊婦さんの不安はかなり解消され、精神的に安定した状態で出産に臨むことができるでしょう。

とはいえ、まだまだ一般的には認知されていない検査なので不安に感じる人も多いのではないでしょうか。検査を実施している病院には相談窓口が設けられているので、もし興味があるならば一度該当する病院に行き、相談してみると良いでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧